たこや記。

立体制作とサッカー( ガンバ大阪)とたこ焼きの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お世話に・・・

なっていた方々が漫画に。

週間マガジン49号の巻末「もうしませんから」に高校時分からお世話になってきた、「海洋堂」の宮脇社長(社長やけどセンムと呼ばれている。)とボーメさん(カルティエ美術館で個展しはるようなアーティスト)が出ていてビックリ。

絵がそっくりで二度ビックリ。

知る人ぞ知る、旧海洋堂の頃から玄関に奉られて?いた「大魔神」(映画で使用したホンマもん、これがでかい。)も冒頭に・・・懐かしいな。

うちの師匠や、海洋堂との出会いがなかったら、「立体造形」なんてクソめんどくさい仕事は、絶対してなかったと思います。

大方が納期が短い
→寝不足
→ふらつく
→溶剤でふらついているのか、過労でふらついているのか、わからん
→思考不安定

→世の中の造型師、造型作家さんお疲れさまです。。

漫画の内容がさすがにやさしい。
「フィギア」制作体験の内容なんですが、漫画ではボーメさんが手取り足取り、
・・・・・僕がお世話になっていた頃は、僕が作ってきた「フィギア」を目の前でバキボキに折られ切られしていました。

1週間かけて作ってきた「モノ」を目の前で壊される。
結構キツイ。

それをセンセーが、瞬間接着剤で紡ぐと、バランスがええ感じにまとまる。
この時が一番悔しかった。。
自分がどれだけ「形」を見れていないか、実感できたから。

やけどこの事とかで、造型に対する楽しみ、達成感を学んだような「気」がする。



大丈夫やろか?
35歳なってもうたけど、道踏み外してへんやろか?



とりあえず頑張って「フィギア」完成させよう。




最近ブログで触れていた、「神社」ですが東京・竹下通りに設置予定だそうです。




たこや記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日まで・・・ | ホーム | もう・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。